【劇場アニメレビュー】傷物語〈I 鉄血篇〉


アニメ映画 傷物語〈Ⅰ 鉄血篇〉:全三部作の一本目。正直作画が芸術的でいつも以上に独創的背景に見惚れてしまう。それでなくとも一発で分かる世界観と西尾維新の言葉遊びに加え可愛いヒロインとなると数年にわたるヒット理由も頷ける。今回はこの物語シリーズの原点を描くもの。優等生の羽川との出会いから吸血鬼キスショットの眷属になる阿良々木君のお話。この超高作画での羽川サービスショトは十分なインパクトがある一方、血の海で死にかけるキスショット、醜態さらす阿良々木君などなどしっかり振れ幅もある。シャフト本気のクォリティと西尾維新の個性で確実にオススメ出来る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする