[おすすめ!18禁PCゲームレビュー]サクラノ詩


エロゲーなのに神ゲー

サクラノ詩:神ゲーと言われながら販売が遅れに遅れて10年越しに販売された18禁ゲーム。最近のアニメも18禁ゲームのアニメ化が多く、正直アダルト要素無しでも名作なゲームはかなりある。ある意味18禁とすることにより、綺麗なところばかりでなく本当の意味で人間を表現できるので作品としては良作が多いのではないだろうか。そんなゲームのテーマは「幸福の先への物語」。それは櫻をテーマとした芸術作品を中心とする天才、凡人達の「生き方」の物語。特に夏目雫ルートは確実に名作入りする泣きストーリー。死を目前とした天才画家の父親に息子が父親の贋作を仕上げ、それを父親が自分の墓碑銘としてサインする。この鳥肌ものの感動シーンが映画でもドラマでもなく18禁ゲームからとは驚いた。良作はこんなところにもある。最終ルートもハッピーエンドではなく寂しげな終わり方だがそれも生き方。それを差し引いても夏目雫ルートまでは確実に名作です。色々な作品を見てきましたが2015年で一番感動したのはこれでした。18禁部分はオマケのようなシナリオ構成なので作品としてオススメできます!!

続編の公式発表!2018/7更新

続編「サクラノ刻」が公式にアップされてました。今から期待!