【レビュー】バクテリア培養キットを試す!

病気予防としてアンチバクテリア、殺菌加工の商品をよく見るが、本当に何処にでもバクテリアがいるのか実際に培養して視覚出来るサイズで確認してみた。

キット内容


全くもって特別な物はなく、100円ショップでも揃いそうな感じ。寒天パウダーが付いてるが特殊な成分とも思えない。

実験準備

やる事は簡単で寒天溶かしてコンソメ(バクテリアの栄養源)入れて溶かして流し込み、菌がいそうな場所を綿棒でペタペタして固まった寒天に押し付けるだけ。ここでの難関は寒天溶かし。沸騰したお湯に付属の寒天粉末を入れると綺麗に溶ける。コンソメもかき混ぜてると溶ける。しかしこの状況では固まらない。手順にもとろみがつくまで電子レンジで何度も沸騰させてかき混ぜろと書いてある。でも見た目に固形物はないので判断が難しい。実際繰り返し沸騰を5回以上したがとろみという程の粘性は得られなかった。2,3回でいいようだが、ほんの少しどろどろしてきたかもが認識出来ればOK。

結果

実験前


寒天固めただけの状態。

実験後


今回は1つだけに飲むヨーグルトをつけた。そこが大きい黒い斑点のあるところなのだが、どうもカビが増殖したようだ。それ以外は、そもそも何もしていないのにいろいろ菌が増殖。この実験はこの時点で失敗。ケースも含めた実験器具はすべて殺菌してから手袋して取り組まないとダメなのかも。説明書にも殺菌して菌が入らないようにと書いてある。

結果、菌が多すぎることは分かったが特定の場所に菌がいるか確認が出来ていない。後日殺菌スプレーを買って来て徹底的に除菌してからやり直します。