【レビュー】噂の神対応サポートは健在なのかNintendo 3DS LLを修理に出してみた!

壊れた!

モンスターハンターのやり過ぎで会社を辞め、ついに愛用のポケセン限定モデルのNintendo 3DS LLのスライドパッドが壊れました!

修理依頼

任天堂の修理サービスは昔から神対応と言われている。例えば、古い型番のDSを修理に出したら最新モデルが届いたとか。まあ、直す人件費を考えると在庫を出した方が安いのだろう。しかし、この限定モデルが壊れて修理に出したら通常モデルの新品が届いたと!限定モデルはプレミアついてこのピカチュウモデルでも五万円近くになっている。それが例え新品の最新New3DSになっても正直嬉しくない。実際にプレミアモデルが通常モデルで帰って来た人を知っている。

依頼方法

修理方法は、流石に任天堂さんと言うほど簡単で任天堂ホームページのトップメニューから”サポート総合>修理のご案内“を選び名前、住所、メールアドレス、電話番号をいれてどこが壊れたか書く。そこで表示される修理番号と電話番号を書いたメモを3DS本体と共にその画面にある住所に郵送するだけ。保証書があれば無料?なのか不明だが、3000円位とWebに書いてある。
郵送して相手が受け取ったらメールが来る。丁度1週間で代金引換で修理された3DSが届いた。

神対応?

さっそく開封して値段と仕上がりをチェック。
まず値段。修理参考価格のページには、2,777~3,600円とあった。実際には以下の様に、2,565円!参考価格より少し安いぞ!!流石任天堂さん。

では、実際の修理結果はどうか?以下のように普通に新品ボタンになってスライドパッドのへたった感(中のバネ?)も交換された感じ。
プレミアモデルが一般モデルになることはなかった。おそらく天板と一体のメインLCD交換とかしない限りないのかも。結果、多少値段が高い気もしますが修理依頼方法も簡単でボタンも直って神対応とかではなくユーザに負担がかからないように考慮された素晴らしいサポートでした。